2022.05.19

薄毛

断食意外のハゲ対処法 後編

今回は少し前に製作した「断食意外のハゲ対処法」の後編である。まず前編の中にこういう記述がある。以下に提示します。

極論に聞こえるかもしれないが、病気に限らず体の不調は血液を浄化すればすべて解決する。梗塞・癌・薄毛・皺。

最初に

上に載せている通りである。異論を唱える人も多かろうが私はそう信じている。しかし・・血液を浄化すると・・言葉で言えば簡単だが、これは至難というより、複雑極まる要素が入り組んでいる。その辺から入ろう。

  1. 胆摘に言うと人の身体は血液から出来ている。肝臓・腎臓・心臓。骨。そして健康な臓器は健康な血液から、病弱な臓器は濁血から出来ている。

  2. としたら、答えは簡単明瞭である。病弱な臓器・及び体を頑強にする基本は血液を浄化することだ。一例としてコロナなんて訳はない。血液を浄化すればすむことだ。繊細な理論は該当記事及び該当ホームページを見て頂くしかない。それでは薄毛はどうなんだ。ということになる。・・
  3. 2年前の2020/04月の朝に目が覚めると突然に薄毛になっており、急きょの対策として、21㈰の断食で対処して回復に成功した事はすでに記載した。薄毛の原因は頭の毒素であるから、急きょの対策としては断食が最も有効であり、実際にそうであったわけだ。
  4. しかし問題もあった。この点は該当記事で言っているが、必要上。再びここでおさらいしよう。まず断食で効果が確認できたのは11日めからであった。11~14㈰目で八割がた回復したわけだ。遅い。遅すぎる。私みたいに断食慣れしたものでも、そう感じるわけだ。断食は体験のない人のほうが、はるかに多かろうと予想できるので、その人たちにとっては、11日めから効果が体感出来たのでは、それまでに嫌になってしまうということだ。
  5. さらにもう一つある。この時の断食で一旦回復には成功した。しかし10㈰ほど経過して禿げは再び復活して、あわてて、2週間の断食で対応しようと計画してし実行したが、今度は失敗した。断食の失敗である。というより2・3日めで断念した。断食・断食で気持ちがついていかなかつたのが原因だ。
  6. それで一旦断念したが、再び次の作で対応して成果をあげたわけだ。次の作とは断食意外の薄毛対策法である。具体的にはいくつかかある。結論から言えば断食でなくしも頭の毒素を軽減すればよいわけだ。➡ ➡別の言い方をすれば、頭を循環している血液を浄化すればよいわけだ。➡ ➡しかしこれは簡単ではない。血液浄化法の優れもの断食をもってしても成果がでるのに11~14㈰かかっている。この辺から入ろう。
  7. 通常の水を多く飲む断食では調べたわけではないが、私の感覚によれば、開始2~3日めくらいから血液の浄化は体感できる。➡ ➡そのため普段 血の流れが悪い血管にも血が流れるので体調はよくなる。しかしこの時点ではまだ・薄毛の回復はない。研究資料としては少ないが、私の2年前の断食では成果が確認されたのが、11日めなのである。➡ ➡しかもこれは私の場合なので、最初の薄毛体験なのだ。その昨日までは気が付かなかったのである。慢性化した薄毛ではなかったのである。・・・・

 

健康対策三本柱 - 断食

 

  1. 表題の・・健康対策三本柱 - 断食・・であるが意味が分からん。と言う人が殆どであろう。私のホームページを詳しく見ている人なら理解できるという意味でもある。
  2. 改めて説明すると健康対策三番柱とは・・断食・発熱する・コリを取る・・である。ということは表題は発熱するとコリを取るが正解である。ようするに血液を浄化できればよいのである。繰り返して言っているようにこれはなかなか難しい。というより至難である。断食は手っ取り早いが薄毛の回復には時間がかかりかなりの決意と我慢が必要となる。となると残りの健康対策の二つを使えばよいが、まずその理屈を理解することが先である。・・続く