2021.09.16

薄毛

復活した禿げの撃退法

前の記事で2020/04/26日の朝起きてみると、突然禿げが広がっていたのを4日と21日の断食で一旦完全に撃退したが、その後10日経過して禿げは復活してきた。その後失敗に終わった断食や完璧に行った断食も含めて2021年の4月以降の断食は59日行った。10月にはスポーツクラブの鏡で改めて見て禿げはけっこう復活したままなので、嫌気もさしたのだろう。その後は禿げの事は頭から離れてしまった。

最初に

それやこれやで今みてみると・・2021/09/16日・・は禿げは95%治っている。ということは昨年の21日の断食終了後がかなり改善して90%の回復だから、それ以上に禿げは回復している。一体どうしたのか?・・

 

断食がすべてではなかった。

 

  1. 他の記事でも言っている事だが、昨年に発生した禿げの撃退法は断食が主軸になっている。しかしそれだけではなかった。まずその根拠から入力してみよう。昨年の断食をおこなった総日数は69日、4月の突然の禿げの発生以降は59日行っている。
  2. 今年2021/09/20日の現時点では断食の総日数は3日しかおこなっていない。1月に毎年行う断食も断念しているわけだ。去年69日、おこなった反動がきたのかもしれない。しかし最初にでいつたように禿げの回復度は今年のほうが少しましなわけだ。
  3. 今まで入力したことと矛盾している。断食が禿げ対策の筆頭なら今年は去年より禿げは進行しているはずだ。それが逆である。
  4. すでに該当記事で入力しているが、禿げ対策は断食だけではない。私の健康対策である、断食意外の・・発熱する。・・とコリを取る。・・この二つがある。冷静に考えてどの対策が禿げ対策に功を奏したのか?断定するのは難しいところもある。今年も去年に引き続き禿げの事は頭にはあったわけである。というわけでその対策は維持していた。そしてたびたびの断食断念。これも禿げ対策に成功した一因ではある。
  5. 断食が効果がある説明は聞いたが、・・今度は断食断念が禿げ対策に成功した一因とは、きちんと説明してもらおうか???・・仮にそう質問された場合の解答はと言うとこうなる。・・

 

 断食断念も禿げ対策になった。

 

どういう事かと言うと➡ ➡断食を試みたが空腹に耐えきれず食事をしてしまった。私の場合は最近はビールが断食で飲めないというのも苦痛として追加されている➡ ➡断念はしているが、やる気はあるわけで、普段の食生活にすれば、食べたり小食にしたり、頑張って1日断食を続けたりと、食生活は改善しているわけだ。断食断念中の事ではあるが。➡ ➡断食を試みる事と断念することが、くりかえされているわけだ。➡ ➡それを繰り返すうちに食事がさらに野菜食中心となっていった。それもかなり徹底しているわけだ。・・

 

  1. 最近の私は禿げ対策も含めて、若返りが最大の感心ごとだ。現時点で67歳だが、2年ほど前から若返りは細大といってもよいかもしれない目的となつた。そんなことが出来るかって? 私はあきらめが悪い。調べていくうちに若返りの秘訣は粗食という文献があった。
  2. 私の信頼している文献である。分かり易く言うと仙人の原理とでも言っておきましょうか。最近はやりの一日一食なども、おおかた同じ原理と予想している。食事は現代人にとっては満たしやすい欲望なので、これを抑えるのも一時的ならよいが、継続が続くならきつい。
  3. というわけで時として徹底的な野菜食もおこなった。勿論今年2021年のことである。時として粗食というか、小食。食べたい時は徹底した野菜食。時に断食も実行しようとするが、すぐ断念してしまう。情けない事に食事よりビールが飲みたい。それらを時と場合により繰り返しているのが今年になる。
  4. するとどうなる。血液は普段より浄化するわけである。血液の素材は飲食物である。断食したり、小食にしたり、多く食べたい時は徹底した野菜食である。私の場合は徹底していて具体的に言うと土から生産されたもの以外は一切取らない。さらに私の健康対策の二つである、・・発熱する。・・コリを取る・・もこれに追加する。自分でいうのも変だが、まさしく血液浄化の鬼である。
  5. 血液が浄化するとどうなるか? 当然頭の血液も浄化する。・・

 

頭の血液の浄化が禿げ対策の基本

 

最初に

表題の「頭の血液の浄化が禿げ対策の基本」。これが禿げ対策のエースである。その根拠からまず、入ろう。

 

  1. すでに他の記事で入力しているかもしれないが、こう言える。 私の信頼する文献の製作者はこう解答している。「禿げの原因は頭の毒素で、頭の毒素を取れば禿げは治りますよ。」➡ ➡頭の毒素を取るには、頭を循環する血液を浄化すればよいのである。➡ ➡全身を循環する血液は完璧に綺麗なのだが、頭に限っては循環血液は汚濁していると言う事はあり得ない。➡ ➡当然全身も頭も汚濁血液が循環しているということになる。➡ ➡先に断食で禿げを治した体験を入力した。断食により、体の3機能である、消化・燃焼・排泄のうちの消化の負担がなくなるわけである。食べないのだから。それによりのこりの2機能である燃焼と排泄に余力を生じた体は向かうわけである。➡ ➡血液は日に日に浄化されるわけである。当然頭を循環する血液も浄化されるし、頭の毒素も軽減していく。

  2. しかし問題もある。該当記事を見るとわかるが、断食により、禿げの改善の効果が確認できたのは11日め~14日めである。この期間に一気に改善された。その後も少しは改善したが、ということは効果が出るのに時間がかかる。毒素排出法の双璧である発熱と断食をもってしてもだ。・・
  3. 断食には長所と短所がある。長所は一時・・伝家の宝刀・・としてもてはやされた緊急事態宣言や時短営業みたいな正義ずらした偽物ではない。本物の緊急事態対策法と言える。正し外傷には該当しない。骨折したので断食で自然治癒させてみると考える人もいないだろうが、無理である。病気や体の不調には頼もしい緊急事態体作法である。本当にいい奴である。
    頼もしいいい奴は他にもいる。発熱である。発熱はいい奴なのだが、要領の悪い人と同じだ。なぜって誤解されやすい。もうわかりますね、発熱で毒素を溶解して移動~排出に至る正義の味方なのに、要領が悪いために、馬鹿正直に痛みや痒みと言った苦痛を体に出してしまう。全く要領の悪い。これと同じことである。
  4. 結論は断食や発熱といつた浄血法の筆頭の正義の味方である、人に当てはめると頼もしいい正義の味方に病気も老化も禿げもたすけてもらえばよいのである。長くなったのでここの記事は一応ここで打ち切ります。